ホーム > 「節約」節約ブログ > プリザーブドフラワーリースの作り方

プリザーブドフラワーリースの作り方

DSC_0428.JPG DSC_0433.JPG
DSC_0430.JPG DSC_0431.JPG
1372923950644.jpg

プリザーブドフラワーリースの作り方

1.材料を揃える。 今回は、紫陽花のライトグリーン・淡いオレンジと淡いピンクのバラ・ピンクオレンジのカーネーションとグリーンのカスミソウ、土台はリース を用意しました。

2.ワイヤリングとテーピングができていなければ、花の茎の中心より少し下辺りにワイヤーを十字になるような形で2本さして折り曲げ、ワイヤーを隠すようにフローラルテープでテーピングをする。

3.花のイメージやバランス考えながら、まずは紫陽花以外のポイントとなる花を落ちないように取り付けていく。

4.グルーガンでしっかりと固定する。

5.紫陽花も同様に、グルーガンでしっかり取り付けながら、押さえたり広げたりして仕上げて完成。

ポイント


◎購入すると高額な商品。自分で作って節約です☆初めてのリース作り、花の種類から選んで、作ってみました(^^)
リースは、ワイヤリングやテーピングをしていなくても、花をそのままグルーガンで付けることもできるので、プリザーブドフラワーアレンジメント初心者の方にもおすすめです!!
今回は、友人が月をイメージしたデザインを考えてくれて、シルクフラワーや造花も少し加えて作っています(*^^*)


プリザーブドフラワーは、生花ともドライフラワーとも造花とも違って、手触りもカサカサしておらず、水もいらない♪ 長時間きれいなとっても素敵な節約向けのお花です♪♪
作りながら花びらがとれかけたりのハプニングはありましたが、グルーガンが助けてくれました!


お花のある生活っていいですね~★*☆♪

 


関連コンテンツ


キーワード