ホーム > 仮想通貨 > 仮想通貨取引の税金が払えない場合

仮想通貨取引の税金が払えない場合

仮想通貨取引を行っていて、年末に利益確定している場合において気を付けるべき点があります。中には、年始の時に再投資をしてから通貨の価値が暴落してしまったという人もいるためです。その場合、おhaos01.jpg金が無くなってしまい確定申告するお金すらないというケースも考えられます。
これは、仮想投資を行ううえにあたっては最も大きなリスクです。税金の支払い請求は、暴落したとしても待ってくれないものであるためです。
そうしたときにもっともやってはいけないことは、放置をすることです。この場合は最悪の場合には差押えられる可能性があります。ですので放置や無視をすることは避けておき、必ず対処する必要があります。
税金に関しては払わないと必ず滞納金がかかるという仕組みになっています。そして、この滞納した税金は払わない期間が延びれば延びる程に加算される延滞金の率は高くなり負担が大きくなることを覚えておきましょう。
所得が少なくて税金が払えない場合には、自治体などに相談することにとって免除手続きを行うことにより少しは負担は減るのですが税金の支払いは前年度の所得が基準になるため所得が一定額以上の場合は生活が厳しくても免除になる可能性は極めて低くなってしまいます。ですので、そうしたときには税理士や税務署・場合によっては行政書士などに相談しておいたほうが良いでしょう。
税務署は支払わないと財産を一方的に差し押さえるなどのいうイメージが強いため敬遠しがちなのですが、一概にそういうイメージだけではありません。きちんと職員に相談をすることで話をしっかりと聞いて対処してもらえることも多いですので、まずは一度自分の状況をしっかりと話しておくことが大切です



キーワード


コメントする